近頃、「結納式」と「顔合わせ」が同一視されたり、どちらかをすれば良いように解釈されたり、どうも

「結納式」と「顔合わせ」を混同されているようにみえます。

「結納式」は永遠の愛を誓い、両親に感謝をし、両家の絆をしっかりと結ぶ、愛と誓いと感謝の儀式です。

顔合わせとはその前段階です。「顔合わせ」は食事やお茶をしながら、初めてお互いの両親を紹介し、

両家の結婚に対する賛成の意思を確認し、そこで結納式の日取りをきめる場です。

その席で、指輪等の記念品やお金を差し上げるものではありません。

顔合わせも大切な時間ですが、結納式の代わりにはなりません。


結納飾りなしでご縁を結ぶことは出来ないのです。

結納飾り一つ一つに約束事の意味が込められているからです。

「結納式」は決してお金を渡すだけの儀式ではありません。

両家の魂を結ぶための帯や、酒、魚などが、近年現物からお金に代わったことで、お金の授受と

誤解されるようになったのです。


結納式は男性の生涯にわたる固い約束を、

新婦やご家族に契る儀式です。

1.お嬢様を幸せにすること

2.生涯添い遂げること

3.二人仲良くして子供を育て立派な家庭を築くこと

4.両家族の親交と繁栄に努力すること

5.ご両親様への感謝と親孝行を実践すること


あなたは何の約束もしないで結婚するのですか?

永遠の愛を誓わないで、新生活のスタートがきれますか?

もし彼が結納で悩んでいたら、「私はあなたと結納をしたいな!」と言ってよいのです。

長い結婚生活は順風満帆とは限りません。荒波が来た時にこそ、結納式で

しっかりと結んだ二人の絆、両家の強いご縁が何よりも強い味方となるのです。



(C)全国結納品組合連合会
Mail. info@yuinou.in